台湾紀行 5 TOMOYO in Taiwan 5

ライブハウスを訪ねて

台湾で、現地の音楽の様子を感じられないかなと思い、いくつかのライブハウスを回りました。

一つは海邊的卡夫卡という地元のおしゃれな人が集うというカフェ兼ライブハウス。
伺って話を聞くと、週末の金、土、日にライブを行っているそう。

image

本やCDのたくさんある、文学、アート系のカフェでした。

そして、もう一つ河岸留言。
折しも伺った日はイベント中。バースデーパーティーをかねたイベントだったようです。

image

あぁ、MCの中国語も分かんないし、これはなんともなぁ、帰ろうかなぁと思いながらも、駄目もとでスタッフさんに話しかけてみました。
そしてお店のマネージャーさんに、このライブハウスで演奏するにはどうしたらいいの?とインタビュー。
今回がだめでも、次回につなげられないかな…と思ったのです。

すると台湾で商業的な興行をするには届け出が必要なことが判明。あぁ、そうかあと肩を落としていたら
この日のイベントあとにオープンマイク、というイベントがあるからそこで弾いていいよと、というお話が!

ラッキー!と、どきどきが入り交じりながらも、飛び入りで演奏させてもらいました。

image

アルバムBloomから3曲。
MCなんて考える間もなかったので、日本語、英語が入り交じる怪しげなMCに。
マネージャーさんがたくさん写真を撮ってくれました!謝謝!
そして見ず知らずの私にあたたかい拍手を送ってくださったかた、本当にありがとう。とにかく必死で歌いました。
image

つたわる、とか伝わらないとか、そんなことはどうでもよく、とにかく届いて!という気持ち。
私の他には、香港からツアーで来たというバンドThe Bright Lights、(演奏後声をかけてくれたさわやかなメンバーたち)、地元台湾のバンドがステージに立っていました。
image

↑非常にさわやか、声の美しいTHE BRIGHT LIGHTSのステージ

一通り見終わり、ライブハウスを出て、夜中、宿に帰りました。
ふと、ひとりできて、なにやってるんだろう、と思ったけれど、歌えたこと、それが本当に嬉しかったのです。
感謝、感謝、感謝。

TOMOYO

 

 


06. 4月 2016 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *