緑の美しい季節です。

毎日、外を歩いていてもこの季節は楽しい。

時々の雨上がりには草のいい香りがします。

蒸し蒸しするまで、もうしばらくこのいい気候を味わっていたいものです。

 

先日、お天気の良いおやすみの日に自転車に乗って、隣の町まで行ってみました。
久しぶりにお店さんに入って、ご飯を食べたのです。

シェフさんがお一人でされているお店で、他のスタッフさんもなく、お一人で切り盛りされている、さっぱりとしたお店です。
そこでいただいたご飯は、ちょっとしたことなのに、お野菜の切り方、ダイナミックさなど、また、垣間見えるこだわりなどが
シェフさんの個性の表現として伝わるものがあり、食ってアートだなぁと久しぶりに思いました。

感動。

とても満たされた思いで、帰路につきました。

思えば以前は、結構頻繁にそんな思いをさせてもらっていたように思います。

近くにあった、というか。

でも、また久しぶりにそんなお料理に触れることができて、改めて感謝の思いです。

 

おうちでご飯も楽しくて好きですが、センスあふれる作り手さんのご飯は、さすが、と感動し、
そんな時間もかけがえのないものだなぁと思います。

 

TOMOYO

 

16. 5月 2021 by Tomoyo
Categories: diary | Leave a comment

 

 

桜の花が満開の一週間。

それは、あっという間に過ぎてしまう一週間。

 

花の季節は短く、鳥たちが賑やかに飛び回っていました。

新緑も美しく、朝の空気が気持ちよい季節です。朝に歩いていて、ああ幸せだなあと思います。

明日から、年度をまたぐ新しい一週間が始まります。

変化の多い季節でもあるので、楽しい反面緊張する季節でもあり、気づいたら疲れていた、ということもあるので、無理せず心身元気に過ごしましょ🧙‍♀️

新たなよき季節の到来となりますように。すてきな春を!

 

TOMOYO

 

28. 3月 2021 by Tomoyo
Categories: diary | Leave a comment

 

今年は桜の開花が例年よりも早いそうです。

散歩道の桜たちも日に日につぼみが大きくなっています。開花の日が楽しみです。

近ごろはいろんな鳥の種類に出会います。雀はあちこちに動き回り、枝先にじっと佇む鳥、桃色の花の回りを駆け回る緑のウグイスなどの様子を、なるべく静かに眺めています。

TOMOYO

 

 

10. 3月 2021 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

 

今日は春の嵐が吹き荒れる一日でしたが、朝、晴れ間が出ているところに間に合い、外に出ることが出来ました。

明日は今日の南風が一転、北風が吹くとか。どうぞ温かくしてお過ごしください。

TOMOYO

02. 3月 2021 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

 

 

最近、木々を見ていると、枝先の様子がこれまでと違うのに気付きます。

端正な冬の景色に佇む桜は、近ごろ枝が少しぷっくりとして、枝に隠れている蕾たちが少し大きくなっているのです。

公園の脇には早くも梅が咲いているのですが、桜の樹もあと一月のうちにがらりと姿を変えるのでしょう。

今の静かな景色を目に焼き付け、来る春を楽しみにしたいです。

三月、よきひと月でありますように。

TOMOYO

01. 3月 2021 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

 

 

朝歩きをしているときは、鳥が歩く時に葉が小さな音を立てるのに聞き耳を立てています。

出来るだけ静かに、カサカサっ、と素早い音がしている方を向いて、小さな鳥を見つけるのです。

今日、仕事前に立ち寄った喫茶店には、コーヒー豆の焙煎機があり、天井まで届きそうな大きな機械はまさに焙煎中といった様子でした。

店員が網で豆を選り分ける音、そして焙煎機の音。

大きな音、というよりは低い音が何層にも響いているような音なので、大きい音なのに、そのなかにずっといられるような音でした。音から重さも伝わります。

音が立つのは振動するから、と学んだことはありましたが、そのモーターの音は振動のイメージに繋がるものでした。

とはいっても、お店がガタガタしていたわけではありません。美味しいお店でした。

TOMOYO

 

 

24. 2月 2021 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

週末の名残で今日もまだ暖かく、朝は薄いもやが残っていました。

啄木鳥が高速で高い音を立てているのが聞こえ、何処だろうと探すと、木のてっぺんの方にいるのが見えました。

正確なリズムを刻んで、間。再びリズミカルに。

鳥に性格があるとしたら、啄木鳥はきっと几帳面な方になるんじゃないかと思われます。

TOMOYO

22. 2月 2021 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

 

この週末はとても暖かい東京です。

明日日曜日も気温が上がるそう。

陽が暮れてからの冷え込み対策と共に、どうぞよき週末をお過ごし下さい。

TOMOYO

 

20. 2月 2021 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

 

今日も寒い一日で、数日前の春のような陽気を思うと、まだ2月の今は春と冬が押し合う季節。

まだまだ気は抜けず、温かくしていこうと思います。

毎朝、大体同じような場所で、同じ(ように見える)鳥、二羽に出会います。

気ままに地面を啄んでいる彼らの邪魔をしないように、サッとお早うと言い、通りすぎ、松林を抜けるのです。

この時期の地面は松の細かい枝が敷き詰められていてとても柔らかく、地面の下には栄養が蓄えられているのでしょう。お馴染みの彼らだけでなく、他の鳥たちにとってもご馳走の森のよう。

この間はいつもコロコロとしている松ぼっくりが、地面に気を付けをしてすくっと立っていました。小さな樹のような松ぼっくりも、何か面白い秘密がありそうです。

TOMOYO

 

 

 

20. 2月 2021 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

 

 

樹の幹を改めて観察すると、方向による樹皮の質感には違いがあるように見えませんでした。

しかし、枝は陽の当たる方向へ向けて腕を伸ばしているのが明らかで、逆に見るとその場所の陽の指す方向を知りたければ枝の伸びている方向を見れば解る、といったようでした。

陽当たりの悪い場所ではどの方向へもぐるりと均等に枝が拡がっていて、横方向より上の方に向かって伸びているように見えます。

 

そして、音。

樹の幹に耳を近づけて、水の通る音が聴こえるのだろうかと試しました。

公園の入り口の、大きな桜の木に耳をそばだてるも、水の音は響いてこず、近くの鳥のさえずりばかりが聴こえました。

あの樹の物識りおじいさんが、どこの国のどんな樹に触れていたのか、もはや記憶にはありませんが、そんな音が聞こえたら面白いのだろうなと思います。

一体どんな音なのでしょう。

 

TOMOYO

 

18. 2月 2021 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

← Older posts