三重、名古屋。

先週末は、サニーサイドゴスペルクラブ名古屋、三重のアニバーサリーコンサートにバンドのサポートメンバーとして参加させていただきました。

ディレクターのこにたんこと、小西生峰さん、三重、名古屋のメンバーの皆さん、大変お世話になりました。事務局のゆかりんごさんこと不破さんのご家族をはじめ、伺う先々であったかいおもてなしをいただきました。ありがとうございました。

バンドはいつもお世話になっている名手久詞さん、松園さとしさん、金子信之さんに加え今回はギターの齋藤純示さんとご一緒、さらに今回は二日間連続で演奏という機会で、一日ごとにお互いの音がよく聞こえ、感じられ、また、現地でクワイヤの皆さんの歌声を聞くと、気持ちが一気に高まって本番を迎えました。

移動中にはハプニングもあって、あれこれいいながら笑ったり、あたふたしたり。これもいい思い出。

今回の機材は名手さんのハモンドに加え、自分のノードに名手さんの音源+ノード内蔵音源という3つの音源を集約して演奏しました。PAさんも細やかに音作りをしてくださり、名手さんにも細かな配線、音作りのアドバイスをもらいました。今回初めてノードを使いましたが、シンセ系の音は軽くて角が丸いノードの鍵盤のタッチがしっくり来まして、思いのほか良かったです。ピアノの音色の時は重い方がいいのだけれど。ここ数年は普段はピアノ一辺倒なので、ノードの機能を全く使いこなせていなかったりします。内蔵音源を研究せねば。

台風10号の襲来を受ける前に無事に戻ってくることができました。

今年の夏はいつもより色々なところへ行きました。来週から9月、少しずつこのトリップ気分も淡くなるのかどうか。。近鉄線の窓からみたほんのり黄金色の稲穂の風景を思い出しながら、また秋~冬への時期に、演奏も、お仕事もぐっと気持ちをたかめて、込めてやっていこうと思います。

TOMOYO


29. 8月 2016 by Tomoyo
Categories: diary, journey | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *