日々のBGM

DSC_0122

 
2月に入りました。
今年もいろんな音楽イベントが開催されるようで、
海外の大物アーティストも来日の予定。

今月はマドンナさんが来日されますね!
春にはボブディランさんなども
来日されるとか。

大年の大御所アーティストが続々と。

興味深いです。

さて、今日は最近聞いているCDから2枚をご紹介します。

 

まずは「The Rolling Stones」のライブアルバム「Flash Point」

1989年〜1990年にかけて行われたツアーの様子を納めたアルバムです。

選曲がとても素晴らしく、一曲目が「Start me up」で始まり、
聴きたい名曲が勢揃いしています。
ストーンズの魅力は、曲の出だしで一瞬にしてあの曲!
とわかるイントロ。(とギターのリフ!)
一瞬でお客さんが湧きたちます。

曲順も緩急があります。
私は6曲目「Ruby Tuesday」,15曲目の「Satisfaction」でいつもドキドキ。
CDでもお客さんの歓声があがります。

まるまる通して聞いても飽きずに聞け、
ライブならではの空気の中に程よい緩やかさがあります。

もう一枚は「Avishai Cohen Trio」の「From darkness」

こちらはイスラエルのジャズベーシストのトリオ編成による一枚。2014年発売。
モダンなハーモニーと、断続的なドラムがとても引き締まった印象を持ちます。
とても前進的なテンポで流れていき、(BPM=130を超えるくらいのテンポ感)
都会的なムードがたっぷりです。

ピアノのハーシュコヴィッツ氏の演奏も明晰で
モダンですが、ハーモニーも聞きやすいと思います。
Darknessという名の通り、落ち着いたトーンの曲が多めです。

こんな感じで、少しタイプが違う2枚をご紹介しました。
朝はストーンズ、夜はコーエントリオ、と聞き分けたりしています。

立春を過ぎて、少しずつ日が長くなったような気もする
今日この頃。

どうぞ、皆様よい夜を。

TOMOYO

 

 

 

 


04. 2月 2016 by Tomoyo
Categories: diary | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *