チャイコフスキー特集 -千葉京成ホテル ミラマーレでの演奏

image

先日5月8日は千葉京成ホテルミラマーレさんにて、ヴァイオリンの李文佳さんとのロビーコンサートでした。

今回はすべてチャイコフスキーの作品で構成し、後半ではヴァイオリン協奏曲を全楽章演奏させていただきました。

前半はヴァイオリンとピアノのための小品に加え、バレエ白鳥の湖からの抜粋やピアノのソロも。

協奏曲も、小品も、チャイコフスキーの作品は優雅で華やかで、
夢見るような気持ちにさせてくれるものばかりです。
ロシアが産んだ、偉大な作曲家!

他にもオススメの作品が色々ありますので、何曲か挙げてみたいと思います。

力強い気持ちになりたいときは、交響曲第五番、序曲1812年など。

また、交響曲第六番は悲しみに寄り添うような慈悲深い作品。

弦楽器のお好きな方には弦楽セレナーデをぜひともおすすめしたいです。

夢見心地な気持ちに浸りたいときはバレエ音楽、くるみ割り人形がぴったり。

どの作品にも壮大な世界を感じるのはチャイコフスキーの人柄かなのか、またロシアという広大な土地によるものなのか…

ぜひ皆様に聞いていただきたい作曲家です。

話が逸れましたが、この日のコンサートもたくさんのお客様に聴いていただきました。

ありがとうございます。

image

(演奏中のお写真、ありがとうございます!)

次回はまた七月以降に出演させていただくかと思います。

またお会い出来るのを楽しみにしています。

TOMOYO


13. 5月 2015 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

Leave a Reply

Required fields are marked *