夕焼けの、そこかしこ。

最近は近くの公園を歩いていると、夕暮れ前にオレンジがかった陽が差しこみます。

少し前のただ明るさの強かった同じ時間とは一味違う、残暑の木漏れ日の中を歩いています。

この暑さのため、普段は立派に空を指す松や欅の枝たちも、日に日に枝垂れてきました。

この枝垂れぐあいを、どこかで見た、と思い、思い浮かんだのは台湾の残暑の照りつける日差しの中で見上げた、樹々の姿。

あちらの夕陽は日暮れ前にさらにさらに濃いオレンジ色になります。
自動車の際すれすれに信号待ちをする、自転車とオートバイがいっぱいなった交差点に、強烈な西日が差し、運転する人はさぞ運転しづらかろうと思ったものです。

しかし、そんな夕陽は束の間で、太陽が沈むと直ちに暗くなり、屋台が賑わう夜の時間がやってきます。

・・・・・・

さて、散歩から一息ついてドアを開けると、夕暮れと夜のあいだのいい時間が広がっていました。

濃い、青の時間。

みなさま、どうぞ、ご機嫌よう。

TOMOYO

29. 8月 2020 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

都会の車窓から

ある午後、がらんと空いている総武線快速電車に乗っていると、地下の東京駅を過ぎ、両国のあたりで地上へ抜ける時に、急に視界が開けた。

すると高い空が現れて、冷えた車内に太陽の陽射しが注ぎ、あっという間に肌があたたかくなった。

そうそう、この感じ、と思い出すのは、いつかの夏、東北本線の福島から仙台へ向かうところだったか、一ノ関から盛岡へ向かうところだったか、車窓から見た青青とした水田と高い空。

昼下がりの車窓で知った夏の手触りは、異なる時、異なる場所の風景が、どこか続いているんだよ、と知るための窓になりました。

TOMOYO

19. 8月 2020 by Tomoyo
Categories: Blog, 電車の風景 | Leave a comment

スポーツの日

オリンピック、昨日から始まっているはずだったのですね。

スポーツ選手の特集が組まれていると気になるし、選手が競技に打ち込む姿は、美しくて見惚れてしまう。

TOMOYO · O.K.

オリンピックはまた来年が楽しみだけれど、わたしは最近、お相撲の面白さも知りました。七月場所、ただいま開催中。

さて、みなさまはいかがお過ごしですか、どうぞ素敵な一日を。

TOMOYO

24. 7月 2020 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

1/31は千葉、京成ホテルで演奏します。

今週の金曜日、1/31は千葉の京成ホテルミラマーレにて、アヤカさんとのデュオで恒例のトワイライトコンサートに出演します。

今回はシューマンの幻想小曲集など、30分の出演になります。

シューマンのこの作品、とてもリリカルで、一度音楽が動き出すと、緩急をもちながら留まることなく楽想が連なり、

アヤカさんのヴァイオリンのメロディーにピアノが応えて、交わるように音楽が進んでいきます。

繊細で多層的なシューマンの魅力が詰まった作品です。

この日は他に、ブラームスのハンガリー舞曲から2曲、そしてチャイコフスキーの小品など演奏予定です。

私たちは17:00~30分間の演奏になります。

千葉方面へお出掛けの際にはお立ち寄りください。

TOMOYO

28. 1月 2020 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

まだ季節は冬なれど。この春の楽しみ。

今、とても楽しみにしていることがあります。

再来月、3月の始めにライブでサポートの機会を頂いたのですが、

プログラムの中の一曲で作曲を担当できることになりました。

今日打ち合わせがあり、これからその曲に歌詞が乗る、という段になりました。

歌詞はまた作家さんが書いてくださるということで、

久しぶりに共同で一曲を書くという作業が新鮮で、とても楽しみなのです。

さらに、当日にまっさらなその曲を、奈々子さんの歌とお客様へお届けできることを思い、

とてもワクワクしています。

3/7(土)、六本木のバードランドにて。

歌手の瀬尾奈々子さんと、テーマは「女ごころ、恋ごころ」。


既にたくさんのご予約を頂いています。

ありがとうございます!

TOMOYO

23. 1月 2020 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

お正月、めずらしい方にお会いできました。

少しずつ街が賑やかになってきました。

そろそろ普段の生活に向けて、リズムが戻る頃でしょうか。

このお正月に、かつてHow to Flowerで一緒に音楽活動をしていたAkiさんが一時帰国しているので、久しぶりにお会いしました。

カナダに移りはや9年目になるのですね。

早いなあと、およそ10年前頃まで、がむしゃらに音楽を作っていたパッションも思い出しました。

Akiさんも相変わらず、な様子でライヴに曲作りに独自な世界を膨らませているし、

昔ばなしに花が咲きつつ、しみじみと。

再会を約束し、Akiさんは新宿の夜のまち、いや、楽器店へと姿を消しました。

わたしもまだまだ負けられませんな。

TOMOYO

05. 1月 2020 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

お正月BGMセレクション

昨日に続きまして、お正月のBGMコーナーとしまして今日もTOMOYOセレクションをご紹介します。

まず、一曲目はこちら。

ヴェルディの椿姫から「乾杯の歌」です。

この作品は昨年末に参加しました、ミラマーレの忘年会で、歌手の方が総出で歌われていた曲で、華やかな場面にぴったり。

こちらパバロッティ氏の懐かしい映像です。

ヴェルディのこちらも華やかで素敵。

ナブッコより、「行け、我が思いよ、金の翼に乗って」

華やかなヴェルディ作品、ワルツの2曲をお届けしました。

ちなみに、ミラマーレのトワイライトコンサートの今年2020年一回目は、

1/31(金) 17:00~出演させていただきます。

今年もアヤカちゃんのヴァイオリンの音と共に、演奏して参ります。

と、お知らせはこの位にして、

それでは引き続き、素敵なお正月をお過ごし下さい。

TOMOYO

03. 1月 2020 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

あけましておめでとうございます。

2020年

いかがおすごしですか。

本年もみなさまにとって明るい一年でありますように。

昨年の暮れに、いつも写真を撮ってくださっているカメラマンの太陽さんにお会いして、チャイコフスキーの交響曲第6番の話でもりあがりました。

もとトロンボーン吹きの太陽さんは

ゲルギエフ指揮のマリエンスキー劇場オーケストラの演奏をおすすめしてくれました。

重厚なエンディングのあとはこちらをおすすめ。

チャイコフスキー、素晴らしいな。

どうぞすてきなお正月をお過ごし下さい。

TOMOYO

02. 1月 2020 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

2019年、ありがとうございました。

年末いかがおすごしですか。

今年も一年間ありがとうございました。

今年を振り返るとベートーヴェンのVlソナタシリーズで一年あっという間に過ぎていったような気がします。そして、11月のコンサート。

来年に繋げていきたいことは、さらに深く継続していきたいと思います。

きたる年もみなさまにとって明るい一年でありますように。

もうすぐ2020、よいお年をお迎えください。

TOMOYO

31. 12月 2019 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

メリークリスマス

あっという間に2019年も年の瀬を迎えています。メリークリスマス。

いかがお過ごしですか。

今日は清瀬の病院での音楽カフェに参加してきました。

これはボランティアグループ 音種♪の仲間たちと、ひととき音の時間をお届けする、というものです。

コンサートとはひと味違った和やかな時間で、利用してくださる皆さんも、私たちも笑顔。

私はこの雰囲気が、とても好きなのです。

お話ししながら音が自然に生まれ、空間と一体になっていくのを感じる時間でした。

病院のスタッフの皆さんが、会場や楽器たちを素敵に飾って下さいました。

さて、クリスマス。

こんな曲をBGMにしながら清瀬を後にしました。

どうぞ、すてきな夜をお過ごしください。

TOMOYO

25. 12月 2019 by Tomoyo
Categories: Blog | Leave a comment

← Older posts